読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味プログラマによるOSS開発日誌

趣味で作っているOSSソフトウェアの紹介や関連技術の紹介、楽曲製作、Webデザイン勉強状況を紹介します。

LinuxカーネルのソースコードをWeb上で見る

そろそろ本格的にLinuxソースコードを解読していこうと思う。

Linuxのバージョンは日に日に上がっていき、現在は3.3が最新のバージョン(mainline)である。
最新の技術を知りたいのであれば、最新バージョンを読むほうが良いのだが、ざっくりとLinuxソースコードを知りたいだけなので、資料が整っている2.6.xあたりを読もうと思う。
さらに、Linuxカーネル2.6解読室との対応を考えて、2.6.15を対象とする。

通常、Linuxカーネルソースコードは通常、http://kernel.org/から入手できるが、tar.bz2で固められていて、いちいちダウンロード・解凍しなくちゃいけない。
これはちょっと面倒なので、別の環境でもすぐに見られる方法はないかと探していたところ、LXRという、LinuxカーネルソースコードをWeb上で見られるサービスを発見。
http://lxr.linux.no/
このサービスの良いところは、表示されているソースコードカーネルのバージョン単位で変更できたり、ソースコード内の単語を簡単に検索できるところにある。

このサービスを使えば、ちょっと暇な時にスマホからソースコードを読むなんて使い方ができそう。

[2013.11.27追記]
改めて考えたら、スマホからソースコード読むのは厳しいですね。
タブレットならともかく、スマホでは画面が小さくて目が疲れます。