読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味プログラマによるOSS開発日誌

趣味で作っているOSSソフトウェアの紹介や関連技術の紹介、楽曲製作、Webデザイン勉強状況を紹介します。

yumをプロキシ経由で利用する方法

wgetに続きyumもプロキシ経由で実行したいと思います。
こちらも各所で情報はありますね。

方法

/etc/yum.confに以下を追加する

proxy=http://${xxx.xxx.xxx.xxx}:${pp}/
proxy_username=${user}
proxy_password=${pass}
  • ${xxx.xxx.xxx.xxx}:プロキシサーバのIPアドレス
  • ${pp}:プロキシに利用するポート(基本的にはhttpのポート番号80を指定)
  • ${user}:プロキシとして利用するユーザ
  • ${pass}:${user}のパスワード

しかし私の環境では、リポジトリのライセンスがなくエラーとなってしまいました。
どうやらRHELリポジトリを利用する場合は、ライセンスが必要であるようです。
そこで、RHELの代わりにCentOSリポジトリを代わりに利用することにしました。
CentOSリポジトリを利用するためには、「/etc/yum.repos.d/CentOS.Base.repo」というファイルを作成し、以下を書き込む必要があります。

[base]
name=CentOS-$releasever - Base
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=os
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/os/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=http://mirror.centos.org/centos/RPM-GPG-KEY-CentOS-$releasever

[updates]
name=CentOS-$releasever - Updates
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=updates
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/updates/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=http://mirror.centos.org/centos/RPM-GPG-KEY-CentOS-$releasever

[extras]
name=CentOS-$releasever - Extras
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=extras
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/extras/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=http://mirror.centos.org/centos/RPM-GPG-KEY-CentOS-$releasever
  • $releasevar:インストールされているOSバージョン(RHEL6.4なら6.4)
  • $basearch:CPUアーキテクチャx86ならx86_64)

備考

上記の方法でうまくいかなかった場合は、以下からダウンロードできるパッケージをインストールすることで解決するかもしれません。