読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味プログラマによるOSS開発日誌

趣味で作っているOSSソフトウェアの紹介や関連技術の紹介、楽曲製作、Webデザイン勉強状況を紹介します。

Qiitaへ記事を投稿するアプリの開発、はじめました

通勤時間を有効活用しようと、最近Qiitaに投稿するための記事をiPhoneのメモ帳で書いています。

iPhoneからQiitaへ投稿することになるので、メモ帳の内容をGoogle Docsにコピーして自宅のパソコンから投稿しているのですが、これが意外と面倒ですね。
できればiPhoneから記事を投稿したいのですが、Qiita関連のアプリって全て閲覧専用なんですよね。
ブラウザからアクセスしてもスマホ専用のサイトになってしまうので、スマホから投稿する手段が無いのです。
 
まあ冷静に考えてみれば、Qiitaに投稿する記事って大抵ソースコードもつけるので、ソースコードiPhoneから入力するなんて考えていないのでしょう。
けれどもしQiitaに投稿できるアプリがあったとして、さらにプレビュー機能まであったとしたら違ってきます。
ソースコード以外のレイアウトだけ整えたり、ざっと作成した記事を空いた時間にiPhoneから編集して投稿なんてこともできるはずです。
少なくとも数週間iPhoneで記事を作成していて思うのですから、Qiita投稿アプリはそれなりに需要があるのではないかと考えています。
 
誰か作ってくれないかなと思ったのですが、折角なので自分で作ってしまおうと思います。
私はゲームアプリの作成は何度か経験がありますが、こういう実用的なアプリの作成経験は無いので、勉強も兼ねてこれほど良い教材はないかと思っています。
 
作成するに当たりまずは対象とするプラットフォームですが、今まで作成したゲームアプリと同じくiOS/Androidにしたいと思います。
 
対象のプラットフォームが決まったとなれば、後は何を使って作るかになります。
モバイル系のクロスプラットフォームな開発環境といえばXamarinが最近流行っているようですが、こちらは有料ですので、割と古く実績があって無料で利用できるPhoneGapで作成しようと思います。
PhoneGapでアプリを作成するためにはhtml, css, javascriptの知識が必要ですが、ちょうど本格的にWebデザインも勉強しようと考えていたところなので、モチベーションとしても問題ないです。
またPhoneGapは初めて触るわけでも無いので、今から新しいツールに手を出すよりも取っ付きやすいはずです。
 
開発ツールが決まったところでアプリの仕様の検討ですが、高機能を目指したことで開発時間が増え、結局完成しないケースを何度か経験しているので、最低限Qiitaに投稿する機能に絞ることにします。
機能追加はバージョンを上げた時に行えますからね。
実装しようとしている機能は以下の通りです。
 
  • Qiitaへの投稿
  • Qiitaへ下書きを保存
  • Qiitaに保存された下書きの編集
  • 下書きのプレビュー
Webデザインの勉強も考え、デザインに力を入れたいところですが、今回はそこまで意識しないで、普通に使う上で支障がないレベルを考えています。
 
さて仕様が決まったところで、あとは作るだけとなりました。
 
ノウハウの共有という意味で、ある程度アプリが完成してきたら、GitHubソースコード一式を公開しようと思います。
また、今後はこのブログに開発記録を随時残していく予定ですので、趣味プログラマが何か作ろうとしてるぞ、と暖かく見守っていてください。